歳を重ねると発症しやすい腫瘍~脂漏性角化症は改善できる~

医者

老人性イボについて

気になるイボや脂漏性角化症に効果的な商品はコチラです。著しい変化を得ることが出来ますよ。気になる症例写真も要チェック!

病気の特長

医者

老人性イボは脂漏性角化症とも呼ばれ、高齢者に多い良性の皮膚腫瘍です。家族で複数のヒトがかかることがあります。太陽光線が病気の危険因子と考えるヒトもいますが、顔・首・手足だけでなく肩・胸・背中・腹部など体中でおこります。単独で出ることもありますが、多くは複数個見いだされます。 脂漏性角化症の最初は小さくて粗く感ずる場所ができます。次第に円形で多くは茶褐色の数センチになることもある、ろうそくのろうを塗ったような又はうろこ状やイボ状に隆起する外観を示します。脂漏性角化症は伝染性ではありませんが、体の他の部分に広がることがあります。症状はかゆみを感じるヒトもいますが、普通痛みはありません。まれにこすれて傷がつき出血したり炎症をおこすことがあります。

診断と治療

皮膚科医は外観の診察で、ウイルス性のイボ・中年イボ・ホクロ・日光角化症など他の皮膚病を区別して脂漏性角化症の診断をつけます。大事なのは皮膚がんや悪性黒色腫との鑑別です。イボが一個しかなくて大きくなる・変わった色をしている・周りが不規則な形をしている・痛みがあるなどの変化があるときは、皮膚科を受診する必要があります。区別のためにおこなわれるのが組織を取る生検で、病理診断で正確な診断がつきます。 脂漏性角化症は苦痛がないため、ほとんどの場合は治療を必要としません。肌着や装身具がイボにこすれて不快感が強い場合や美容上の目的で切除治療がおこなわれます。方法には液体窒素を用いる凍結療法・電気メスによる手術やレーザーを用いる治療があります。

コンプライアンスの重要性

医者

戦後になって、内科医療での投薬による治療が重視されるようになりました。特に高齢者では、複数の服薬をする可能性が高い特徴があります。高齢者では、服薬のコンプライアンスが不十分で副作用が助長されることがあります。したがって、コンプライアンスを図ることが、活発になると予測されます。

Read More...

胆のうに発症する癌

病院

胆のうがんは女性の発症が多く、胆管がんの発症は男性の発症が多いのが特徴です。どちらも加齢が大きな原因とされています。症状として胆管がんの場合は黄疸の発生、胆のうがんの場合はみぞおち付近の鈍痛、高熱、食欲不振です。どちらも手術が必要な為、早期発見の為に、症状が出たらすみやかに病院を受診しましょう。

Read More...

病気の早期発見が可能

悩み

人間ドックは、法律等で義務付けられたものではありませんが、検査項目が多くより精密に検査することができます。人間ドックでは、健康診断で発見できないような病気が見つかる場合があります。横浜市内には、人間ドックを行う総合病院等が多数設置されています。

Read More...